Top >  アレルギーを治す食事療法(実践記録) >  アレルギー治療の実践記録 - 090111

アレルギー治療の実践記録 - 090111

元旦早々に、風邪をひいてしまいました。

昼前くらいから、体調がおかしくなり、出かける予定を止めて、ゴロゴロしていました。

夕方からだんだん悪化して、夜には完全に風邪になり体温は38.1度になりました。



私は熱に弱く、37.0を超えると仕事ができません。

上司に電話して、明日は仕事ができないと伝えました。

以後、熱と咳と痰とハナがどっと出て、うなり続けました。



食べ物の消化・吸収は、体にとって最もエネルギーを必要とする作業だそうです。

だから、病気のときなど食欲がなくなるのは、自然の摂理なのです。

もちろん、病気が長期になるときなどは別です。

水分は十分に摂ります。


最初の3日間は、リンゴとバナナだけ食べました。

4日目からご飯を食べ始めましたが、胃が小さくなっているのか小食です。

結局、3キロくらい体重が落ちていました。


咳喘息だと、風邪のとき咳がひどく出ます。

そして、風邪が治っても、咳だけ続きます。

咳は体力を消耗し、回復に時間がかかります。


今回、仕事に復帰したのは1/9でしたが、1年半前に風邪を引いたときは、

体力が戻るまで約1ヵ月かかりましたから、

いろいろやってきたことが実を結んだかなと良い方に解釈しています。



しゃべろうとすると咳が続けて出ますから、まだ元に戻っていませんが、

体調は、ハナと痰がたくさん出て、体がきれいになったような気がします。

今年は、なんとかしてこの咳喘息を治したい。

そして、体力をつけるために運動をするつもりです。

 <  前の記事 ハーブを使う治療法  |  トップページ  |  次の記事 ハーブの効用  > 


おすすめリンク