Top >  ハーブによる治療法 >  ハーブを使う治療法

ハーブを使う治療法

人間は、ハーブを病気の治療に使いはじめてから、数千年の歴史があり、

現代でも、世界中の人たちが使っています。


ハーブは、安全で信頼があり、副作用がないという理由で使われており、

また、たくさんのアメリカ人が植物性のサプリメントを摂っています。


現代医学のアレルギー薬は、症状を緩和する即効性はありますが、

原因の治療にはなりません。


ハーブを使う治療法は、即効性はありませんが、

体を自然な健康状態に戻す手助けをし、根本治療に役立ちます。

中国には、薬草を使った治療法が数千年にわたり、受け継がれてきています。

古代エジプトでは、700種類以上のハーブを使う治療法が、

紀元前1500年ころの書物に書かれています。

古代ギリシャでは、医学の父ヒポクラテスが治療法としてハーブを使用しています。

第二次世界大戦のとき、新しい合成薬剤が開発・使用され、その効きの良さで、

広く大量に使用されるようになりました。

これが、副作用と、根本治療にならないという理由で、

ハーブなどの伝統治療が見直されてきているのです。
 
 
 
「アレルギーからあなたを守る7つの方法」シルヴィア・ゴールドファーブ著ネコ・パブリッシング

 <  前の記事 アレルギーに効くサプリメント(栄養補助食品)その9  |  トップページ  |  次の記事 アレルギー治療の実践記録 - 090111  > 


おすすめリンク