Top >  ハーブによる治療法 >  呼吸器系のハーブ その1

呼吸器系のハーブ その1

以下のハーブは呼吸器系を強化するとともに、うっ血と炎症を軽くし、排液を促進し、肺から

の粘液の排出を加速します。


・「アンゼリカ」:セリ科。和名ヨーロッパトウキ。

免疫グロブリンE(lgE)という抗体の生産を抑制します。

煎じ薬を毎日コップに3杯飲む。


・「ベイラム」:
 
分泌物を減少させます。
 
うがい、または胸の湿布として使用します。
 
 
・「トウガラシ」:香辛料として有名。
 
成分のカブサイシンは、呼吸器系の排水を促進します。
 
カイエンペッパー(赤く熟したトウガラシの実を乾燥させた香辛料)を、食事に多量に振りかけて摂りま
 
す。
 
一晩で症状が軽くなった人たちもいます。
 
 
・「ニワトコ」:スイカズラ科。
 
うっ血と炎症を静めます。
 
 
・「マオウ(麻黄)」:マオウ科。
 
鼻と胸の充血をとります。気管支拡張効果もあります。
 
ビタミンB5、B6、C、マグネシウム、亜鉛のような副腎を支える栄養素といっしょに摂るのがいい。
 
ロベリア、カンゾウ、グリンデーリアのような去痍薬のハーブと組み合わせて使うのが望ましい。
 
モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤を服用中の場合や、高血圧、糖尿病、不整脈、甲状腺、緑内障が
 
ある場合は、使用すべきではありません。
 
 
・「ユーカリノキ」:フトモモ科。和名ユーカリノキ。
 
鼻孔と肺から粘液を除去し、鼻孔から鼻咽喉までの苦痛を解消します。
 
トローチ、軟膏、液体で使用するか、葉を煮出して、湯気を吸いこみます。
 
 
 
「アレルギーからあなたを守る7つの方法」シルヴィア・ゴールドファーブ著ネコ・パブリッシングより引用改変

 <  前の記事 ハーブの効用  |  トップページ  |  次の記事 呼吸器系のハーブ その2  > 


おすすめリンク