Top >  ハーブによる治療法 >  肌のためのハーブ

肌のためのハーブ

以下のハーブは肌をなめらかにし、かゆみをとり、さまざまなアレルギー関連の病気を治すのに効果的

です。



・「クロフサスグリ」:別名ブラックカラント。

クロフサスクリのオイルは、すぐれた抗炎症剤です。



・「クロクルミ」

湿疹の治療に、内服と外用の両方に使うことができます。



・「キンセンカ」:キク科。英名ポットマリーゴールド。

薬草クリームは、乾燥して、ひびができた肌をなめらかにします。



・「マツキイグサ」

マツキイグサのオイルは、乾いてカサカサした、かゆみを持つ肌をなめらかにします。

患部に塗って、軽くマッサージします。



・「ヒドラスチス」:キンポウゲ科。別名ゴールデンシール。

湿疹を治します。

ラベルの指示どおりに使用します。

ヒドラスチスは腸内の有用なバクテリアの害になるので、長期間使用は避けます。


     
・「ヒイラギメギ」:別名オレゴングレープ。

煎じた汁は、湿疹の治療に有効です。

この煎じ汁は湿布用に使うことも、患部につけることもできます。



・「ムラサキツメクサ」:マメ科。別名アマツメクサ。

血液を清浄にし、神経を和らげます。

ラベルの指示どおりに使用します。



・「ギシギシ」:タデ科。

組織の清浄効果を持っています。

下痢を起こすことがあるので、多量に使うべきではありません。



「アレルギーからあなたを守る7つの方法」シルヴィア・ゴールドファーブ著ネコ・パブリッシングより引用改変

 <  前の記事 呼吸器系のハーブ その4  |  トップページ  |  次の記事 アーユルベーダーの薬草学  > 


おすすめリンク