Top >  ハーブによる治療法 >  アーユルベーダーの薬草学

アーユルベーダーの薬草学

アーユルベーダーは、古代インドの治療法であり、病気の予防法と健康の回復法に焦点をあてていま
 
す。
 
心がからだに物理的に作用することと、治療法を考えるときに体型を考慮する必要があるという中心的

なふたつの原則があります。
 
 
アーユルベーダーの医師は、アレルギーは、消化が不十分であることの結果であると考えており、
 
アレルギーは、食品が原因ではなく、消化組織に関係すると考えています。
 
消化力が不十分なので、通常以上の毒素の処理が必要になり、消化器系は苦しんだあげく、アレル
 
ギーになりやすい、いうのである。
 
 
アーユルベーダーの医師によると、消化力を刺激し、毒素を排出するには、「IgA」分泌を高める必
 
要があると言います。
  
「IgA」、胃腸内の粘膜に共通する免疫抗体のことです。
 
 
アーユルベーダーの医師で、ワシントンのベルビュー出身のヴイレンダー・ソディー博士は、
 
アレルギーを持つ人が以下のようなハーブを食事の30分前にとると「IgA」の生成をうながし、
 
消化作用を刺激して好結果につながると提案しています。
 
それはクロコショウ、カイエンヌペッパー、ニンニク、ショウガ、タマネギです。
 
 
 
ハーブを使用している多くの患者は、ハーブを使っていても、(現代医学の)医師の反応を心配するの
 
と、医師に教えることが大事だとは思わないので、医師に伝えようとしません。
 
ほとんどのハーブによる治療は無害ですが、特に妊婦、子ども、年配者は、使用する前に、自然療法医
 
か熟練した薬草学者に相談するようにしてください。
 
 
ハーブを使う治療法は、現在、アレルギー治療の補助的役割以上のものになっています。
 
世界保健機構(WHO)は、ハーブを使う治療法の世界規模の推進と支持に乗り出しています。
 
 
「アレルギーからあなたを守る7つの方法」シルヴィア・ゴールドファーブ著ネコ・パブリッシングより引用改変

 <  前の記事 肌のためのハーブ  |  トップページ  |  次の記事 アレルギー治療の実践記録 - 090205  > 


おすすめリンク