Top >  アレルギーを治す食事療法(実践記録) >  アレルギー治療の実践記録-090305

アレルギー治療の実践記録-090305

甲田光雄先生の「気管支喘息の食事療法」を始めて1ヶ月経ちまちした。
その間、ほとんど喘息の吸入薬を使っていません。今まで、何度か吸入薬を使わないことに挑戦しましたが、大体、1ヶ月が限度でした。
今回は、長く出来そうです。やはり、この「気管支喘息の食事療法」のせいだろうと思っています。
胸も、スッキリ感があります。

体重は、48キロを切りました。1年半前に別の食事療法をやったときは、初めてのことだったのでガリガリに痩せて48キロになった時に怖くなってすぐに中止しました。
あの時は、失業中で、就職できるように体力が回復するのにかなりかかるように思えたからです。体も力が抜けている感じがしました。
今回は、仕事を続けながらなので、仕事に支障が出るようだったらすぐに食事療法を中止すれば大丈夫という安心感がありました。
それだけでなく、体調は良いです。不安感はまったくありません。もちろんかなり痩せています。

先日、温泉に行きました。露天風呂に入ってしばらくして、腕、肩、背中、太ももが痒くなりました。
ハッと気が付いて、日光アレルギーなんですね。良く晴れた良い日でした。全身裸になって陽を浴びるのは何十年ぶりくらいでしょうか、その時は日光アレルギーはありませんでした。

 <  前の記事 少食療法による変化-090227  |  トップページ  |  次の記事 アレルギーを治すアロマセラピー  > 


おすすめリンク