Top >  アレルギーを治すアロマセラピー >  アレルギーを治すアロマセラピー

アレルギーを治すアロマセラピー

アロマセラピーは、植物の精油を使った代替治療の一つであり、古くから利用されてきました。
精油は植物の花や葉、果実、枝、種子、樹皮などから抽出されたもので、からだの働きのバランスをとり、いくつかの病気を軽くする手助けをします。

民間療法ですが、科学的に裏づけされたものもあります。
チャノキの精油はバクテリアを殺し、チョウジの精油が結核のウィルスを殺し、ナツメグの精油が最大血圧を下げるという報告があります。
精油はからだの免疫系を刺激して、健康的にする作用があるようです。
アロマセラピーは、化学的・心理的な反応を引き起こし、人の気分と行動に影響を与えます。

●アロマセラピーの吸入方法
1.ボールに湯を入れ、2~3滴の精油を落とし、暖房のそばに置く。
2.芳香器を使用する。
3.お風呂に数滴落とす。(アロマバス)
4.ティッシュやハンカチに数滴落とし、チャック付きビニール袋に入れて持ち歩き、時々嗅ぐ。
5キャリアオイルで精油を薄め、マッサージに利用する。アロママッサージ。キャリアオイルとは、植物油のことでアロママッサージには、アーモンドやぶどうの種子、アプリコットの種などから搾油しtもので、直接肌に付けても大丈夫なものです。

 <  前の記事 アレルギー治療の実践記録-090305  |  トップページ  |  次の記事 映画「いのちの食べ方」  > 


おすすめリンク