Top >  健康エッセイ >  映画「いのちの食べ方」

映画「いのちの食べ方」

映画「いのちの食べ方」が気になっていました。新聞の映画評論かなにかで読んで興味を持っていました。今日、ツタヤに行ったらDVDになっていたので借りて帰りました。監督は、ニコラウス・ゲイハルター。ヨーロッパの映画です。

映画の内容は、食料の作られ方です。野菜を収穫するところ、農薬を散布するところ、作物を選別するところ、豚を屠殺(とさつ)し、解体するところ。そして、作業員が食事をするところ。屠殺および解体のシーンは、牛と鶏もあります。やはり、これらのシーンは衝撃的です。工場の床も、作業員の作業服も血だらけになっています。人間が食べるために命を殺しているんだなあと実感します。

監督のインタビュー映像も付いていて、この映画を撮ろうとしたキッカケは、食品が安くなっていっていることと、作りすぎて捨てているということを知ったからだそうです。そして、真実を知りたいと思ったのだそうです。
映画を見ると、ナレーションも無く、説明の字幕も入りません。現在の食料の作られ方に対し、批判的でないのがわかります。「これらを見て、アナタは何を感じますか?」と問うているようです。
化学肥料や農薬批判、あるいは効率を追及した生産に批判的でないのが好印象です。

見ていて、一番感じたのは、効率化されているということです。特に、豚・牛などは、機械化が進んでいます。もちろん、手作業の部分がありますが、単純作業で作業員は大変だろうなあと思ってしまいます。ただ、彼らは肉食人種なので、私が思うほど嫌な仕事だとは思っていないかもしれません。私は現在、完璧に近いベジタリアンなので、やっぱり肉を食べるのは気がすすまないと思ってしまいます。しかし、野菜は血を流さないけれど、野菜の命を食べている(奪っている)ことには違いないわけです。野菜だから罪が軽いというわけではないのです。やはり感謝しなければならないと思います。という、優等生的なコメントになってしまいます。


 <  前の記事 アレルギーを治すアロマセラピー  |  トップページ  |  次の記事 1日青汁1杯 その1  > 


おすすめリンク