Top >  アレルギーを治すアロマセラピー >  アレルギーを治すアロマセラピー その2

アレルギーを治すアロマセラピー その2

・皮膚アレルギーの治し方
カモミール油、メリッサ油、チャノキ油、ラベンダー油を使用。患部に1日2~3回、精油を薄く塗る。ただし、使用する前に、パッチテストをすること。パッチテストの方法は、手首の内側に精油をつけて包帯をまき、1時間後に発赤など異常がなければOKです。

・喘息の治し方
ティッシュに以下の精油のうち1種類を2滴を落とすか、または2~3種類を1滴ずつを落とし、封が出来るビニール袋に入れ、ときどき気化成分を吸入する。
ベンゾイン油、ラベンダー油、カモミール油、メリッサ油、オニサルビア油、バラ油、イトスギ油、ビャクダン油、乳香油、スィートマージョラム油、ヤナギハッカ油、セイヨウカノコソウ油。

・花粉症の治し方
カモミール油とレモン油をティッシュに1滴ずつ落とし、気化成分を吸入する。それに、ペパーミント油、チョウジ油、ローズマリー油、ラベンダー油のうちどれかを1滴加える。

・免疫力を高める方法
1リットルの基材精油に50滴のチャノキ油を加え、1日1回、手のひらと足の裏にすり込む。

「アレルギーからあなたを守る7つの方法」シルヴィア・ゴールドファーブ著ネコ・パブリッシングより引用改変

 <  前の記事 小児喘息のわが子に、認識不足の保護者  |  トップページ  |  次の記事 アレルギーを治すアロマセラピー その3  > 


おすすめリンク