Top >  アレルギーを治す食事療法(実践記録) >  アレルギー治療の実践記録(090601)

アレルギー治療の実践記録(090601)

現在の食事は、「アレルギー治療の食事法+アルファ」になっています。
アレルギー治療の食事法は、
朝=生野菜ジュース。
昼=玄米飯180g、豆腐1/2丁、ゴマ10g。
夜=生野菜ジュース、玄米飯180g、豆腐1/2丁、ゴマ10g。
他に、柿の葉茶または水を1.5~2リットル。です。
アルファは、夕方お腹がすくので、ベーカリーのパンやスーパーなどのコロッケを買い食いしています。そのほか、コーヒーを飲むくらいです。
最近、排便が、5日間毎朝あるという私の人生のはじめてのことが起こりました。「瀉下剤のスイマグ(下剤)を飲んでいないのにです。こんなことはいまだかつてなかったっことです。毎日だからでしょう、便は軟らかい状態です。
この原因はなんだろうと考えています。候補はいくつかあります。
まず、2週間くらい前から西色健康法の「背腹運動」を再び始めました。これは上体をメトロノームのように左右に傾斜させながら、お腹を出したり引っ込めたりする運動なので、腸に刺激になります。事実、お腹がゴロゴロ鳴ったり、屁が出たりします。
それから、納豆を食べ始めました。それと、植物性乳酸菌のラブレを1日1本で3日間飲みました。日数が少ないので確率は低いかもしれません。
そういえば最近、食事量が増えました。仕事で身体を動かす日が出てきて、お腹がすくのです。
もうひとつ、ふと気が付くと、肛門に力が入っています。排便のタイミングは、便が溜まってくるとS状結腸・肛門部が感知して排便に至るわけですが、肛門に力が入っていると、感知力が鈍って排便のタイミングが失して便秘になると思っています。それで、気が付くたびに肛門の力を抜いています。以上の一つ、または複数が原因だと思います。ヒョロヒョロ~というようなすかしっ屁のような軽~い屁が良く出るようになりました。

 <  前の記事 アレルギー治療の実践記録(090419)  |  トップページ  |  次の記事 ホメオパシーとは  > 


おすすめリンク