Top >  NAET-ナンバドリパッドのアレルギー除去技術 >  NAETの理論

NAETの理論

NAETの理論の前提は、人間を含むすべてがエネルギーから成り立っているとすることです(これは量子論と同じです)。
アレルギーとは、何かにより身体のエネルギーが封鎖されそしてアレルゲンと接触するときに、身体のエネルギーとアレルゲンのエネルギーがぶつかるときに生じるものとしています。脳は、このぶつかりあったエネルギーの範囲にたいし、免疫反応を発動します。
この異常な反応は、疲労感、頭痛、抑うつ症、消化不良、発疹などのアレルギーの典型的な症状以上の状態を起すことがあります。NAETにより封鎖が解除されれば、再プログラミングされ治癒します。
NAETの理論は、カイロプラクティックの理論と似ています。カイロプラクティックの理論は、背骨の歪み等により神経の伝達作用が阻害され病気になるので、歪みを適正に調整すれば治るというものです。同じように、エネルギーが経絡に沿って正常に流れていればアレルギー反応は起こらないとしています。
NAETは、カイロプラクティック療法と、鍼療法と、運動療法の原理を応用しています。

 <  前の記事 NAET(ナンバドリパッドのアレルギー除去技術)  |  トップページ  |  次の記事 NAETの筋肉反応検査  > 


おすすめリンク