Top >  健康エッセイ >  気管支喘息が、ヒーリングオーラで治るか?

気管支喘息が、ヒーリングオーラで治るか?

「ヒーリングオーラでこんな病気は3日で治せる」(リヨンブックス)を読みました。著者の高嶋象堂氏は有名な高嶋易断の総本部会長(出版当時)は、気で病気も治しているのだそうです。
自然治癒力という言葉はずいぶん前から使われるようになりました。それは、現代医学の方法である、手術で身体を侵食したり、強い薬で治すことに対する批判であり、東洋医学や漢方の見直しとして使われているようです。
ヒトは医学に頼らなくても、自然治癒力を持っており、医学はそれを手助けする程度で良いとする考えです。また、病気にならないように、常日頃、日常生活や食生活に気を使って自然治癒力を高めておくということもいわれています。
著者の高嶋氏によると、自身の気功治療(?)で治らない患者をみて、自然治癒力を高めるだけでは良くならないケースに気が付きました。それは、現代人の病気が心のあり方が大きな原因となっているからだといいます。
患者本人が「生きようとする力」を高めることが必要であることに気づき、この力を「自己治癒力」と名づけ、その「自己治癒力」によるオーラを「ヒーリングオーラ」と呼んでいます。
この「自己治癒力」という概念は非常に納得いくものです。まさにその通りだと思います。そして、このヒーリングオーラを高めれば、さまざまな病気-もちろん気管支喘息などのアレルギーも治るといいます。文中にはヒーリングオーラの増幅法が書かれています。

 <  前の記事 イメージ療法とは2  |  トップページ  |  次の記事 咳喘息とは  > 


おすすめリンク