Top >  咳喘息とは >  咳喘息の治療法

咳喘息の治療法

咳喘息の治療方法は、喘息の治療法とほぼ同じとする考えもあります。咳が長引いている人には、咳喘息を疑う必要があるようです。
問題は、診断ですが、ガイドラインも出ていますが、咳のみを主たる症状とする軽い気管支喘息と考えればよいとする医師もいます。
診断基準として、気管支拡張剤が効くというのがありますが、治療においてキーとなる薬は吸入ステロイド剤です。そして、必要に応じてβ2刺激薬を中心とした気管支拡張剤あるいはロイトコトリエン拮抗薬を併用するということになります。
薬で症状が改善または消失した場合、いつまで薬を摂り続けるかということが問題になります。
咳喘息の約30%が喘息になるという報告があるので、長期に薬を摂ることが必要という考えがありますが、ステロイド剤の長期摂取を批判する考えもあります。
患者一人一人に対し様子を見ながら判断するということになるようです。
まとめると、咳喘息とは、咳を唯一の症状とした軽い気管支喘息で、治療はステロイド剤の吸入を主とし、気管支拡張剤あるいはロイトコトリエン拮抗薬を併用するということになります。

 <  前の記事 咳喘息のガイドライン  |  トップページ  |  次の記事 慢性咳嗽(まんせいがいせん)の種類  > 


おすすめリンク