Top >  咳喘息とは >  慢性咳嗽(まんせいがいせん)の種類

慢性咳嗽(まんせいがいせん)の種類

慢性咳嗽(慢性の咳)とは、8週間以上続く咳のことです。痰が出る湿性咳嗽、出ない乾性咳嗽があります。
咳(咳嗽)とは気道に入った異物を外へ捨てる重要な生体の防御反射です。横隔膜や肋間筋の強くて早い働きにより秒速約10メートル以上の速さになります。ですので、1回の咳で約2キロカロリーが消費されるといわれています。したがって、慢性の咳は、体力を消耗します。
慢性の咳の原因でよくあるのは、気管支喘息(咳喘息)、胃食道逆流症、後鼻漏などです。
咳喘息は気管支喘息の前段階と考えられ、通常の咳止め薬が効きません。夕方あるいは早朝に咳き込むことが多く、典型的喘息の特徴であるゼーゼー(喘鳴)がありません。気管支拡張剤が効きます。
胃食道逆流症は、中年以降に多い病気で、横になると咳がひどくなるので、喘息(咳喘息)と似て、夜間の咳となります。寝ている間に逆流した胃液で、起きたときに口の中が苦く感じることがあります。
後鼻漏は、蓄膿症などによる鼻汁が喉に入っておきる咳です。鼻疾患が治れば、この咳もなくなります。
そのほかの慢性咳嗽の原因としては、肺結核、百日咳、肺非結核性抗酸菌症、百日咳、心臓喘息(心不全)、気胸、肺膿疱、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、びまん性汎細気管支炎、塵肺症、過敏性肺塵症、間質性肺炎、気道内異物、肺ガン、気管ガンなどがあります。以上のどれにも当てはまらない場合は、心因性が考えられます。心因性の咳は、睡眠中に出ないことが多いようです。
咳喘息の鑑別にはガイドラインを利用します。

 <  前の記事 咳喘息の治療法  |  トップページ  |  次の記事 免疫からみた風邪のストーリー  > 


おすすめリンク