Top >  アレルギーを治す食事療法(実践記録) >  アレルギー治療の実践記録(100111)

アレルギー治療の実践記録(100111)

少食にしても咳は改善されません。
薬を毎日吸入しても、良くなりません。
今までなら、毎日吸入すれば必ず、咳は減ったのですが。

生搾りどくだみ青汁酒・「十黒梅」というのを買って飲み始めました。
当ブログのアドセンスにも表示されています。
そのHPに咳喘息に効くとは書いてありませんが、
「お客様の声」には咳が治ったたくさん書いてあり、興味をそそります。
効くことを願っています。


いろいろと考えたのですが、一番の原因は腸が鈍くなっているからだと思います。
これは甲田光雄先生の説でもあります。
もちろん、便秘でもあります。
体温が低いのも原因のひとつでしょう。
体温を上げ、腸を正常にすれば、便秘も治り、咳喘息も改善するだろうと思います。
ヴォイストレーニングで喘息が改善した、というのは、
腹式呼吸で、内臓、とくに腸が正常になったからだと思います。


では、今後しばらくの間にやることを書きます。
出勤しない日は、毎朝、部屋の中で運動をする。
そして、週に2回、ウォーキング&ジョギングをする。
生搾りどくだみ青汁酒・「十黒梅」を毎日飲む。
どくだみ茶を毎日飲む。
週に1回、少食または澄まし汁断食をする。
週に1回、腸内洗浄をする。
しばらくは、パンを食べない。
思いついたときに腹式呼吸トレーニングをする。
1月中に、ヴォイストレーニングを始める。


以上です。

 <  前の記事 アレルギー治療の実践記録(100102)  |  トップページ  |  次の記事 アレルギー治療の実践記録(100123)  > 


おすすめリンク