Top >  断食

断食

「成功哲学」のナポレオン・ヒルと断食その1

ナポレオン・ヒルといえば、自己啓発法と自己啓発本に関しては、世界一有名といえ

ます。

「成功哲学」、「思考は実現する」などの著書があります。

最近、思うところがあって読み返しています。

「自己実現」という本に、以外にも「断食」について記述がありました。

抜歯などの歯科治療、外科の大手術などの肉体的苦痛を克服する方法として紹介

されています。

断食の方法は以下です。

・手術前の3日ないし7日間、完全に断食して体調を整える。(断食は医師の指示ど

おりにしなければならない。)

・断食開始前の二日間は、新鮮な果実とフルーツジュース以外はとらず、タバコとコ

ーヒーも断つ。

・コップ1杯につきレモン汁を2、3滴落とした水以外は何も口にしない。水なら飲め

るだけ飲んでかまわない。毎日コップに12杯以上にはなるでしょう。

・断食が終わったら、最初の日は、脂肪分のない野菜スープ1杯と、仝粒粉のパン

か普通のトーストを1枚だけとる。

・2日目は、午前と午後にそれぞれ野菜スープを1杯とパン1切れ。

・3三日目からは、量さえ控えれば、好きなものを食べてよい。

「成功哲学」のナポレオン・ヒルと断食その2

ナポレオン・ヒルは自己啓発の大家ですから、ただ断食を行うだけではありません。

潜在意識に働きかけます。

・断食の最初の日から、1時間に少なぐとも1回は、次に述べる指示を潜在意識に

送り、自己暗示によって心理療法を行う。

睡眠中以外はこれを繰り返し、断食が終わるまで続ける。

① 歯科医の○○先生は、腕もよく、人格もすぐれ、経験も豊富だ。私は全面的に信

頼している。

② 先生が治療してくれている間、私は歯のことはまったく忘れ、私の人生の最大

の希望である〇〇〇〇のことを考えるのだ。

③ 私が歯の治療を望むのは、外見を整え、健康を増進させるためだ。自分で望ん

でするわけだから、私が恐怖に打ち勝てることを自分自身で納得できる、ありがた

い機会だ。そう思って手術を乗り切るのだ。

④ そこで私は、潜在意識に命ずる。どんな細かい点も私の言ったとおりに、すべて

かなえ、歯の治療が私にとって人生のすぼらしい体験になるように。その体験から、

私は自分の心の強さを知り、人生からさらに多くの喜びが得られるよう、その強い心

で自分を引っぼっていく。

ナポレオン・ヒルは、健康増進のためにも、年に1~2回の断食を勧めています。

半断食-鶴見式半断食

「スーパー酵素医療」などの著書で有名な鶴見隆史医師は、食事と酵素サプリメントでさ

まざまな疾病を治療している内科医です。

『「酵素」が病気にならない体を作る』という著書では、半断食を勧めています。

西式健康法や甲田光雄医師と同じように、宿便が万病の元ととらえているようです。

この半断食で、大腸にこびりついた宿便の大掃除が出来るとあります。

この著書には、ガン、気管支喘息、糖尿病、軽度慢性腎障害、メニエール病によるめま

い、肩こり、腰痛、頭痛が半断食で治った例が紹介されています。

この鶴見式半断食法は、

・土日タイプ

リンゴ丸ごと1個、ダイコンおろし(1回分は約8センチ)、おろしショウガ(1回約3センチ)

を毎週の土日に、朝昼晩と食べます。

・月一タイプ(3日間)

Aタイプ-野菜中心
Bタイプ-果物と野菜
Cタイプ-重湯(またはリブレスープ)メイン


早速、土日タイプをやってみました。

私は、リンゴもすって、混ぜて食べました。

やっぱり、咳は少なくなり、胸(気管部分?)はうんと楽になりました。(ベルトがゆるくなりました)

食事を戻した次の日から、咳も出てきました。

あらためて、食事と咳が関係していることがわかりました。

「酵素」が病気にならない体をつくる!―今日から始められる酵素食レシピ付

朝食抜き (午前中の断食) による少食主義

午前中の断食(朝食抜き)を習慣化し、毎日の断食中に体内にある毒素・老廃物を出してしまう方法です。

現代の栄養学は、ビタミンなんとかが足りないので、○○を食べましょう、とか、アレが足りないのでこうしましょう、という方法ですが(プラスする栄養学)、断食などのマイナスする栄養学についての研究が足りません。

プラスする栄養学では、体内の毒素・老廃物および宿便を排泄することは難しいと思われます。

また、体内へ侵入してきたアレルゲンなども、毎日完全に処理し切られないままに体内に残留し、次第に蓄積されて結局アレルギー病になるわけです。

ですから、毎日の半日断食で、毎日、老廃物を出し切ってしまうというマイナスする栄養学がは理にかなっていることがわかります。

現代の栄養学の研究は、細かい分野に捉われ、大局観を見失ってしまい、「木を見て森を観ない」状態になっています。

別の記事にも書きましたが、朝食を抜いても、昼食または夕食にドカ食いしては意味がありません。

あくまでも、朝食抜きで少食です。

断食一覧

「成功哲学」のナポレオン・ヒルと断食その1

ナポレオン・ヒルといえば、自己啓発法と自己啓発本に関しては、世界一有名といえ ま...

「成功哲学」のナポレオン・ヒルと断食その1の続きを読む>

「成功哲学」のナポレオン・ヒルと断食その2

ナポレオン・ヒルは自己啓発の大家ですから、ただ断食を行うだけではありません。 潜...

「成功哲学」のナポレオン・ヒルと断食その2の続きを読む>

半断食-鶴見式半断食

「スーパー酵素医療」などの著書で有名な鶴見隆史医師は、食事と酵素サプリメントでさ...

半断食-鶴見式半断食の続きを読む>

朝食抜き (午前中の断食) による少食主義

午前中の断食(朝食抜き)を習慣化し、毎日の断食中に体内にある毒素・老廃物を出して...

朝食抜き (午前中の断食) による少食主義の続きを読む>

アレルギー、気管支喘息、アトピー皮膚炎に効く断食

気管支喘息や、アトピー皮膚炎が、断食により劇的に症状が良くなることがあります。 ...

アレルギー、気管支喘息、アトピー皮膚炎に効く断食の続きを読む>

スマシ汁断食法

・スマシ汁を作るため、まず3合(540ml)の水の中へ、コンプ10グラム、乾燥シ...

スマシ汁断食法の続きを読む>

断食の総括

今回、6日間の断食を自宅でおこないました。 6日間のうち、固形物を食べなかった絶...

断食の総括の続きを読む>

断食7日目

・朝食 なし 水 龍角散(咳の薬) ・昼食 プラム フルーツジュース 茹でうど...

断食7日目の続きを読む>

断食6日目

朝食 番茶 水 昼食 玄米粥 ゆでた野菜 野菜ジュース(100ml) 大根ハ...

断食6日目の続きを読む>

断食5日目

朝食 フルーツジュース(200ml) 大根ハチミツ(大さじ1) 昼食 野菜ジュー...

断食5日目の続きを読む>

断食4日目

朝食 フルーツジュース(200ml) 大根蜂蜜(こさじ3) 夕食 野菜ジュース(...

断食4日目の続きを読む>

断食3日目

朝食は、フルーツジュース(100ml)。 大根蜂蜜(小さじ3)。 ハーブ茶。 水...

断食3日目の続きを読む>

断食2日目

朝食は、 フルーツジュース(250ml)、バナナ(1/2)、コーヒー(1/2)、...

断食2日目の続きを読む>

断食を始めます

「人は食べなくても生きられる」(山田鷹夫著。三五館)という本を読みました。 内容...

断食を始めますの続きを読む>

< 前のカテゴリ「喘息という病気」へ  |  トップページ  |  次のカテゴリ「朝食食べる派」へ >


おすすめリンク