Top >  博士の異常な健康

博士の異常な健康

「博士の異常な健康」水道橋博士著

健康に関しての、面白い本を読みました。読みやすいこともあって、一気に読破しました。

芸人、浅草キッドの水道橋博士が書いた「博士の異常な健康」です。

内容は、お笑いではなく、まじめな健康本です。ただ取材しただけではなく、実践したレポートであることが、この本を面白くしています。文章も上手いです。


取り上げるテーマは6件で、これらを目次で表すと、

第1章:髪の毛が生える秘訣、これでいいのだ!

第2章:目から鱗が落ちた-近視矯正手術

第3章:胎盤エキスは火の鳥の生き血なのか?

第4章:未知なる肉体と対話する-ファスティング(断食)

第5章:魔法の絨毯、バイオラバーの正体に迫る!

最終章:博士の愛した加圧式 ~日本発、加圧トレーニングは宇宙へ~


著者が、健康法にのめり込んでいくのは、30代半ば過ぎから、抜け毛、肩こり、腰痛、中年太り、倦怠感、睡眠障害、頻尿、老眼、慢性口内炎、頭痛、歯痛などの体の不具合・異常が襲ってきたからですが、もともと、格闘技ファンであるのも要因のひとつでしょう。

取材のときだけやって、記事を書いたらおしまい、ではなく、その後も続けて、効果があることを身をもって証明しています。

この本を読んで、バイオラバーと加圧式トレーニングは私もやってみたくなりました。

博士の異常な健康

第1章:髪の毛が生える秘訣、これでいいのだ!

年齢を感じるのは、人によって異なるでしょうが、目立つので良く分かるのが頭髪でしょう。

著者の水道橋博士も、ご多分にもれず薄くなりました。お風呂でシャンプーした後の抜け毛、それと、朝起きたときに枕もとの抜け毛が普通でないことを気にしていました。

そこで、カツラ業界の革新企業「プロビア」の門を叩きました。

「プロビア」といえば、商品名「ヘアコンタクト」のCMなどで有名になりましたが、画期的商品で皮膚上にカツラを貼り付け、驚きの技術を見せています。

水槽橋博士は、意外にも「ヘアコンタクト」ではなく、育毛を薦められました。

具体的には、「シェルタ」という器具です。

分厚いヘルメットのようなものを頭に被ります。見た目は古いSF映画に出てきそうな、怪しい機械に見えます。

この「シェルタ」がやることは、ヘルメット内を加圧したり、減圧したりしてマッサージ効果を与えます。

途中で、育毛剤を噴霧し、それを毛根頭まで浸透させます。

一回だけでこの機械の育毛効果うんぬんは言えませんが、マッサージ効果は、非常に気持ちがいいらしい。

それと、もうひとつ薦められたのが、プロビアが独自に開発したプロテイン入りのシャンプーです。

この、シャンプーを毎日使うことにより、短期間で髪が戻ってきたのです。

周りから、カツラを付けた、とまで言われるようになったのです。

「シェルタ」については、自宅でやっていたようには書いたありませんでしたから、シャンプーだけの効果のように思えます。

髪の毛のハリ・コシ・ボリュームが気になる方へ... プログノ126EXシャンプー送料無料でお得な4...

第2章:目から鱗が落ちた-近視矯正手術

最近はメガネがファッションのひとつになりましたが、昔は近眼か老眼の人が掛けており、若い人のメガネはほとんどが近眼だったことでしょう。

デザインもおしゃれではなく、いじめの対象にもなりました。

メガネ以外には、視力回復センターというのがあって、頭部に布状のものを巻き、空気で圧力を加えたり抜いたりします。

私の娘も、一時通いましたが、期待したほどの効果がなかったのでそのうち行かなくなりました。

この章で紹介されるのは、ソビエト生まれの「RK手術」で、もちろん著者の水道橋博士もこの手術を受けました。18年前のことです。

この手術法を日本語で正確に書けば「角膜放射状切開術」となるとのことです。

具体的には、鋭利なダイヤモンドメスで角膜の中央部を除いた部分に4~16本の放射状の溝を付け、眼球の凸レンズのカーブを緩やかにするらしい。

手術は約15分間であるが、目だけの麻酔なので、メスで切られるところが文字通り目に入るのは、相当な恐怖感があるのは想像できます。

手術の結果は、良好で、0.07の視力が0.7にまで回復し、メガネを必要としない生活になり、18年後の現在も何の支障もないとのことである。

なお、現在は「PRK」と「LASIK」という手術法が主流で、手術件数も大幅に増えているとのことです。

近視レーザー治療レーシック改訂版

第3章:胎盤エキスは火の鳥の生き血なのか?

芸能人が老けないのは、カメラを向けられているからと言うのが定説ですが、もうひとつ、この胎盤エキス(プラセンタエキス)の愛用も理由であると、著者の水道橋博士は断言しています。

それほど、愛用している芸能人が多く、また、効果も絶大らしい。

なんと著者は、大ブームが訪れるかなり以前から胎盤エキス治療を経験しており、なおかつ、この治療の第一人者である「こうじんクリニック」の越智康仁先生と長年の懇意であるという。

著者の体験は、毎年の冬に扁桃腺が腫れ、高熱が出る症状が、この胎盤エキス入りの注射を数回行うことにより、完全に治ったことです。

これはスゴイ。

越智先生の胎盤エキス治療は、他の医師の方法とは異なっており、東洋医学でいうツボへ大量の注射をします。これが効果を高めていると著者は分析しています。

ただ、相当に痛いらしい。打たれた瞬間の、体がしびれるような痛み、そして注入する実感は、一瞬が数秒に感じられるほどに苦痛らしい。

あの、アントニオ猪木でさえ、たまらずタップしたと著者は言うが、真偽は分からないと私は思います。

さて、この胎盤エキス治療の効果ですが、

まずは、アンチエイジング。美肌効果があるし、疲れにくくなる。

関節痛や筋肉痛の解消、二日酔い、更年期障害、アレルギー、さまざまな内臓疾患。(一部、こうじんクリニックより引用)

驚くことに、風邪が瞬時といっていいくらいに治るらしい。これなど、休むことが出来ないタレントには必要不可欠らしい。

最後に、胎盤とは、子宮の中にあってお腹の中の赤ちゃんに栄養を供給する組織であり、出産と同時に対外に出て行くものです。

相当な栄養を含んでおり、その栄養を抽出したのが胎盤エキス(プラセンタエキス)です。

ヨーロッパでは、羊の胎盤を使っているようですが、こうじんクリニックでは日本人(もちろん女性)のをつかているとのことです。

ちょっと抵抗ありますねえ。

プラセンタ(胎盤)製剤 新ビタエックス糖衣錠 医薬品 300錠 (大人量で33日分)

博士の異常な健康一覧

「博士の異常な健康」水道橋博士著

健康に関しての、面白い本を読みました。読みやすいこともあって、一気に読破しました...

「博士の異常な健康」水道橋博士著の続きを読む>

第1章:髪の毛が生える秘訣、これでいいのだ!

年齢を感じるのは、人によって異なるでしょうが、目立つので良く分かるのが頭髪でしょ...

第1章:髪の毛が生える秘訣、これでいいのだ!の続きを読む>

第2章:目から鱗が落ちた-近視矯正手術

最近はメガネがファッションのひとつになりましたが、昔は近眼か老眼の人が掛けており...

第2章:目から鱗が落ちた-近視矯正手術の続きを読む>

第3章:胎盤エキスは火の鳥の生き血なのか?

芸能人が老けないのは、カメラを向けられているからと言うのが定説ですが、もうひとつ...

第3章:胎盤エキスは火の鳥の生き血なのか?の続きを読む>

第4章:未知なる肉体と対話する-ファスティング(断食)

柔道で世界王者になり、その後、格闘家になった小川直也が、体重を利した重戦車型の体...

第4章:未知なる肉体と対話する-ファスティング(断食)の続きを読む>

第5章:魔法の絨毯、バイオラバーの正体に迫る!

今回ももちろん、著者の実体験です。 著者は20代後半から、深刻な肩こりとそれに伴...

第5章:魔法の絨毯、バイオラバーの正体に迫る!の続きを読む>

最終章:博士の愛した加圧式 ~日本発、加圧トレーニングは宇宙へ~

加圧トレーニングについては、テレビ等で知っていました。 しかし、私は良くないもの...

最終章:博士の愛した加圧式 ~日本発、加圧トレーニングは宇宙へ~の続きを読む>

< 前のカテゴリ「免疫の話」へ  |  トップページ  |  次のカテゴリ「喘息という病気」へ >


おすすめリンク