Top >  アレルギー 病気

アレルギー 病気

接触過敏症

漆(うるし)によるかぶれや、化粧品などで炎症が起きるのを、接触過敏症といいます。

この接触過敏症はツベルクリン反応と同じで、TH1細胞の働きによるⅣ型アレルギーです。

原因となるアレルゲンは、うるしや化粧品などに含まれる特定の化学物質です。

この化学物質が皮膚から侵入することでⅣ型アレルギーが起こり、炎症が起きるのです。

比較的分子量の小さい化学物質そのものには、リンパ球を刺激する能力はありません。

ところが、ときとして、体内に侵入した化学物質が皮膚組織のタンパク質と結合し、分子量の大きいタンパク質(「修飾タンパク質」といいます)が作られることがあります。

そして、この修飾タンパク質に対する免疫応答が起こり、問題の化学物質に対するTH1細胞が作られます。

これで、アレルギーの準備が整います。

後は、問題の化学物質が皮膚から入るたびにⅣ型アレルギーが起きることになります。

これが接触過敏症です。

薬剤アレルギー

アトピー性皮膚炎や、花粉症や気管支喘息などは、アレルゲンが侵入した局所にだけ症状が現れますが、全身に症状が現れるアレルギーの代表例が薬剤アレルギーです。

たとえば、肺炎の治療として抗生物質のペニシリンを注射されたときに、ペニシリンに対するIgE抗体が産生されるようになったとします。

そして、再度ペニシリンの注射を受けると、IgE抗体とマスト細胞の働きによってⅠ型アレルギーが起こり、平滑筋の収縮や、血圧の低下といった全身性のショック症状が現れます。(これをペニシリンショックといいます)

このような全身性のアレルギーによるショック症状を「アナフィラキシー・ショック」といいます。

昆虫の毒に対するアレルギーでも、薬剤アレルギーと同様のアナフイラキシー・ショックが現れることがあります。

全身に症状が出るアレルギーは生命にかかわる非常に危険なもので、最悪の場合には死亡してしまうこともあります。

スズメバチに刺されて死亡、というニュースを見ることがありますが、あれは体内に注入されたハチの毒をアレルゲンとするアナフイラキシー・ショックが主な死亡原因です。

IgE抗体が関係していることからもわかるように、薬剤や昆虫の毒に対するアレルギーはⅠ型アレルギー(即時アレルギー)です。


実は、花粉やハウスダストといったアレルゲンと異なり、ペニシリンは、それのみではアレルゲンにはなりません。

それは、分子量が大きくないからです。

ところが、ペニシリンが分子量の大きな他の物質(主にタンパク質)と結合した場合には、アレルゲンとなります。

アレルギーとは

生物の体には、外から入ってきた自分以外の物質(異物)を排除しようとするというシステムがあります。これを「免疫」といいます。
                                
たとえば、病原体とはならない弱い微生物に、感染しないようにするとか、ウイルスや細菌に感染したときに、それらが体内で問題を起こさないようにやっつけてしまうとか、いったん排除した異物が、再び侵入してきたときに備えて、その異物をすぐに認識できるよう記憶するなどです。

このように、生体に本来備わっている、体を守る働きが「免疫」です。

ようするに、体内に侵入した自分以外の物質(非自己:病原菌やウイルスとは限らない)を認識して攻撃・排除するためのシステムです。

当然のことながら、この「免疫」というシステムがなければ、病気または、病気様の症状が出ることになります。

生きるために空気を吸い、食物を摂取しなければならない生物は、つねに自分以外の物質(異物)を取り込んでいるといえます。したがって、免疫というシステムは、生物が生きていくために必要不可決なものなのです。

ところがときとして、生きていくために必要不可欠なそのシステムが過剰に働くことにより、自分自身の組織や器官を破壊するなどの症状・病状を引き起こすことがあります。この免疫の、異常反応によって起こるのが、いわゆる「アレルギー」です。

アレルギー様症状の調査

厚生労働省の「平成15年保健福祉動向調査の概況」によると、

平成15年の1年間に、皮膚、呼吸器及び目鼻のいずれかのアレルギー様症状があった者は全体の35.9%でした。

これを性別にみると、男34.3%、女37.4%となっており、女で割合が多くなっています。

また、年齢階級別にみると、男では「5~9歳」が45.8%で最も多く、女では「35~44歳」が44.6%で最も多くなっています。

日本人10人のうち、3.6人がアレルギー様症状を感じているということになりますが、これは大変な数字だと思います。

医療機関に通院した人が、総数で20.9%ですから、日本人5人に一人が、アレルギー様症状で受信したことになります。

また、男の最も多いのが「5~9歳」の45.8%で、実に2人に一人がアレルギー様症状を感じています。

女性では、「35~44歳」が44.6%で最も多く、男女にこれだけの年齢差があるのは不思議です。

ただ、この数値はアレルギー様症状を感じた人数ですので、患者数とは異なります。

アレルギー 病気一覧

接触過敏症

漆(うるし)によるかぶれや、化粧品などで炎症が起きるのを、接触過敏症といいます。...

接触過敏症の続きを読む>

薬剤アレルギー

アトピー性皮膚炎や、花粉症や気管支喘息などは、アレルゲンが侵入した局所にだけ症状...

薬剤アレルギーの続きを読む>

アレルギーとは

生物の体には、外から入ってきた自分以外の物質(異物)を排除しようとするというシス...

アレルギーとはの続きを読む>

アレルギー様症状の調査

厚生労働省の「平成15年保健福祉動向調査の概況」によると、 平成15年の1年間に...

アレルギー様症状の調査の続きを読む>

アレルギーという言葉の意味

アレルギー(allergy)という言葉由来はギリシア語のようで、「普通とは異なる...

アレルギーという言葉の意味の続きを読む>

< 前のカテゴリ「アトピー性皮膚炎」へ  |  トップページ  |  次のカテゴリ「アレルギー 薬」へ >