Top >  花粉症

花粉症

花粉症にレンコンと乳酸菌のサプリメント

花粉症の患者に朗報かもしれません。

埼玉医科大学の和合冶久教授が、レンコンと乳酸菌のサプリメントを開発し、効果があることが分かりました。

レンコンの成分が花粉症などのアレルギーに効果があり、乳酸菌と同時に摂ることにより相乗効果が出るそうです。

TBSテレビの「知っとこ」でも紹介されました。

レンコンは自然療法でも、咳や喘息、アレルギーに効く食材として扱われており、レンコン湯などが紹介されています。

当ブログでも書いています。

せき、たん、気管支炎、喘息に効く、レンコン

「知っとこ」では、ブロック状に固めたものを、お湯で溶かしてポタージュスープ風にして飲むタイプのものが紹介されました。

これは開発中で、商品化は未定とのことでしたが、おいしそうでしたので、私は商品化に期待しています。

花粉症はアレルギー性鼻炎

鼻と口から、アレルギーの原因となるアレルゲンを吸い込むみ、鼻の粘膜でⅠ型アレルギーが起こると、アレルギー性鼻炎の症状が現れます。

この、アレルギー性鼻炎はアレルゲンは、ハウスダストや花粉なですが、なかでも花粉(花粉に含まれるタンパク質)が原因となるものを花粉症と呼んでいます。

花粉症の主な症状は、くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、結膜炎といった不快なものですが、くしゃみにはアレルゲンを排出する働きが、鼻水にはアレルゲンを洗い流す働きがあります。

また、涙の分泌が増えるのは、花粉を洗い流すためです。
もちろん、洗い流すだけでなく、炎症も起こします。

日本ではスギ花粉症が圧倒的に多いのですが、アメリカではブタクサが原因となることが多く、ヨーロッパではイネ科の牧草よる花粉症が多いそうです。

これらの植物のほかにヒノキ、シラカバ、ハンノキなど数種類の植物の花粉が原因になっています。

花粉症とは

花粉症とは、花粉が原因物質となるアレルギー性鼻炎です。

花粉症の人は本当に増えました。
身の回りには必ず、花粉症の人がいる時代です。
アトピー性皮膚炎と並んでアレルギーの代名詞となってしまいました。


細菌やウイルスをはじめとする自分以外の物質の多くは、一般に皮膚や粘膜(目・鼻の粘膜や消化管の粘膜など)を通って体内に侵入します。

その鼻粘膜で、免疫システムの過剰反応が起こった場合に現れるアレルギー症状が「アレルギー性鼻炎」です。

なかでも特にスギやヒノキ、ブタクサといった植物の花粉が原因となるアレルギー性鼻炎が、いわゆる「花粉症」です。

花粉症の原因となる「花粉」は、呼吸のとき、空気と一緒に体内に吸い込むことになります。

その花粉が目や鼻の粘膜に触れると、免疫システムが「これは自分以外の物質だ」と認識して、その物質を排除しようとします。(免疫反応といいます)

粘膜にある「肥満細胞(マスト細胞)」と呼ばれる細胞が、花粉に含まれるタンパク質に反応して、ヒスタミンという刺激性の強い化学物質を放出するのです。

このヒスタミンが過剰に放出され、鼻粘膜の毛細血管に作用したり、神経末端を刺激した結果、目や鼻のかゆみ、涙や鼻水、くしゃみといったアレルギー性鼻炎の症状が現れるのです。

花粉症一覧

花粉症にレンコンと乳酸菌のサプリメント

花粉症の患者に朗報かもしれません。 埼玉医科大学の和合冶久教授が、レンコンと乳酸...

花粉症にレンコンと乳酸菌のサプリメントの続きを読む>

花粉症はアレルギー性鼻炎

鼻と口から、アレルギーの原因となるアレルゲンを吸い込むみ、鼻の粘膜でⅠ型アレルギ...

花粉症はアレルギー性鼻炎の続きを読む>

花粉症とは

花粉症とは、花粉が原因物質となるアレルギー性鼻炎です。 花粉症の人は本当に増えま...

花粉症とはの続きを読む>

< 前のカテゴリ「甲田光雄氏関連」へ  |  トップページ  |  次のカテゴリ「西式健康法」へ >