Top >  免疫の話

免疫の話

免疫からみた風邪のストーリー

風邪をうつされて数日後、鼻水とクシャミが出てきます。このとき、鼻や喉の粘膜では数え切れないほどのウィルスが暴れています。粘膜の表面にある繊毛が、ウィルスを外に出そうとします。鼻の粘液がウィルスを外に出そうとします。これが、風邪の初期の鼻水とクシャミです。
生き残ったウィルスは、粘膜細胞の内部に侵入します。すると、これに気づいたNK細胞(ナチュラルキラー細胞)がこのウィルスに侵入された粘膜細胞を殺します。そして、この細胞を、マクロファージ(貪食細胞)が食べて掃除をします。掃除をするので別名「掃除屋(スカベンジャー)」といいます。このとき、マクロファージは、サイトカインと呼ばれる物質を出し、敵が侵入してきたことを全身に知らせます。
この情報により、免疫で中心となるキラーT細胞が駆けつけ、感染した粘膜細胞を殺しながら、仲間を呼びます。ここで、生体とウィルスの戦いが始まります。
このとき、体は、38度を熱が出、激しい咳となります。筋肉痛も出てきます。仕事は休むことになります。
同じく、マクロファージが発した情報を受け取ったヘルパーT細胞は、B細胞に対し、「この敵に合わせたミサイルで攻撃せよ」命令を発します。そこで、B細胞は命令通り「抗体」という名のミサイルをウィルスに向けて発射します。
(ヘルパーT細胞は、免疫反応における司令官であり、自己または非自己の最終判断を下します。)
これが「抗原抗体反応」といわれるものですが、この後、ウィルスの感染力は弱まっていき、体は少しずつ楽になっていきます。
ほとんどの人は、病院に受診して薬をもらうか、薬局で風邪薬を買って飲みますが、薬は風邪の症状を軽くするだけのものであり、風邪が治ったのは、生体の免疫機能がウィルスに勝ったからなのです。風邪のウィルスの特効薬はないのです。

離乳食を早く始めると、アレルギーになる

離乳食を早い時期に始めるようになったのは、一時大流行したスポック博士式育児法の影響のようです。
早く始める理由は、早い時期からタンパク質を与えないと、脳の発達が悪くなるということのようです。

必須アミノ酸や必須脂肪酸が不足すると、発達が遅くなる恐れがありますが、5ヶ月の赤ちゃんにタンパク質は与えてはいけません。

5ヶ月の赤ちゃんにタンパク質を与えると、食品アレルギーを引き起こしたりします。
もちろん、すぐにアレルギー症状が出るわけではありませんが、赤ちゃんの体内ではどんどん抗体ができています。
そして赤ちゃんは、タンパク質をうまく消化できないので腸の細菌叢が変化して緑便になり、だいたい低体温になります。
そして、お腹が苦しくなるので、うつぶせ寝になって口呼吸になってしまいます。
こうなると、手足が冷え、腸内細菌のバランスが崩れ、乳幼児アトピー性皮膚炎になります。


「究極の免疫力」西原克成著、講談社インターナショナル。

腸の免疫システム

アレルギーは、免疫の異常です。

アレルギーを知るには、免疫を知る必要があります。


腸という器官は、口につながっているため、細菌やウイルスといった異物と接触する機会が非常に多くあります。

また、腸は消化・分解された食物が吸収される場所なので、つねに異物の食物タンパク質に接しています。

(タンパク質はアレルゲンです)

そのため腸には、全身の免疫システムとは遣った、特有の免疫システムが備わっています。

腸にはまず、異物の侵入を防ぐバリアーとして粘膜があります。

粘膜は、ねばねばした粘液で覆われており、この粘液が微生物の付着を防いでいます。

そのうえ、腸の粘膜では抗体の一種であるIgA抗体が分泌されていて、抗原を排除しています。

さらに、腸の粘膜上皮細胞の間にはT細胞が存在し、その奥の組織にはB細胞やT細胞、マクロファージ、マスト細胞が存在し、二重、三重の防御態勢が備えられています。


腸美人

免疫の話一覧

免疫からみた風邪のストーリー

風邪をうつされて数日後、鼻水とクシャミが出てきます。このとき、鼻や喉の粘膜では数...

免疫からみた風邪のストーリーの続きを読む>

離乳食を早く始めると、アレルギーになる

離乳食を早い時期に始めるようになったのは、一時大流行したスポック博士式育児法の影...

離乳食を早く始めると、アレルギーになるの続きを読む>

腸の免疫システム

アレルギーは、免疫の異常です。 アレルギーを知るには、免疫を知る必要があります。...

腸の免疫システムの続きを読む>

< 前のカテゴリ「健康関連その他」へ  |  トップページ  |  次のカテゴリ「博士の異常な健康」へ >