Top >  「究極の免疫力」西原克成著

「究極の免疫力」西原克成著

口呼吸がアレルギーの元-鼻呼吸

口で呼吸が出来るのは、哺乳類では人間だけです。
言葉をしゃべることを始めたため、気管と鼻腔のつながりが離れるようになったのです。
しかし、これは構造的には欠陥です。

スポーツをすると、酸素をたくさん取り入れるため口呼吸になってしまいます。
ですので、スポーツは実は体に良くないのです。

スポーツは、自律神経の交感神経を過度に緊張させます。

本来、呼吸は副交感神経の支配です。

舌を含めた顔の筋肉は、進化からみるとすべて呼吸内臓筋肉に由来しています。
副交感神経は、呼吸と消化の内臓筋肉と共に発達してきました。

激しく運動した時の口呼吸や、おしゃべりをしすぎると交感神経過緊張を引き起こします。

逆に、太極拳やゆっくりとした散歩などは、副交感神経を刺激しながらの呼吸運動なので身体には大変良いものです。

呼吸は必ず鼻呼吸で、横隔膜と肺いっぱいに吸うことです。

意味のある横隔膜呼吸とは、腰を立てて背筋を伸ばして胸を広げ、横隔膜を吊り上げ肩が上がるような形です。
吸うときには腹がへこみます。(腹式呼吸では、吸うとき腹を出します)

正しい鼻呼吸は、
腰を伸ばして姿勢をただし、バンザイをして唇と尿道と肛門を閉鎖し、上下の歯を1ミリ離して、横隔膜を吊り上げ、同時に胸いっぱいに肺を拡大させます。

こうすると、吸気の時に腹がへこみ、肺が最大に拡張します。
呼気の時には横隔膜をゆるめて重力にまかせて下方に下ろすだけです。
これが鼻呼吸体操で、身体の隅々まで血液が巡り、循環系を正すことが出来ます。


「究極の免疫力」西原克成著、講談社インターナショナル

ミトコンドリアが活性化するような生き方

人の身体は多くの器官によって構成されています。
すべての器官・臓器は相互に関係を持っています。
実際には、自律神経の二つの神経系によってコントロールされています。
二つの神経系とは、内臓腸管系を中心とした副交感神経系(消化・吸収、生殖、泌尿)と、筋肉・皮膚・感覚系と内臓腸管系を結ぶ交感神経系です。

免疫病は全身性の疾患ですから、臓器同士の相関が深く関わっています。
私たちの身体の活動にはエネルギーが欠かせませんが、今の医学はエネルギーについて全くといっていいほど考慮していません。
機能はエネルギーによって支えられているのです。

ミトコンドリアは、生命の元になるエネルギーを産生するところです。
だから、健康でいるために、あるいは病気を治すために、ミトコンドリアが活性化するような生き方をすることが大切です。


「究極の免疫力」西原克成著、講談社インターナショナル

アレルギーなど免疫病の本当の原因

アレルギーなどの免疫病の原因は、身体に作用するエネルギーの不適と、細胞内のミトコンドリアのエネルギー代謝の変調です。

この、エネルギーの不適とは、
・骨休め不足
・腸および身体の過冷却
・太陽光線不足
などがあり、

ミトコンドリアの変調には、
・大気汚染物質等の毒物の作用
・ウイルスや細菌の感染
・口呼吸や腸の過冷却による腸内細菌の細胞内感染
によります。

しかし、アレルギーなど免疫病をこのようにとらえている医者はほとんどいません。
ですので、治すことも出来ません。

CTやMRIなどの画像診断装置では、免疫病を把握することは出来ません。免疫病が器質疾患ではないからです。

そこで、医者はアレルギーなど免疫病に対しステロイド剤の投与などの対症療法を行うわけです。

上記の「骨休め」とは、言葉どおり「骨」を休めることです。
座る、立つ、動くことにより骨に負担がかかります。この負担による疲れを取り除くには横になって眠る必要があります。

たとえ眠れなくても、横になることにより骨休めすることが出来ます。
毎日の、この骨休めには1日8時間が必要です。


「究極の免疫力」西原克成著、講談社インターナショナル

冷たいものの飲食がアレルギー、病気の元

脳と腸は、一体となって働いています。
腸の平滑筋肉運動は、内臓脳(古皮質・旧皮質=大脳辺縁系)に指令を出しています。

指令を出しているのは、脳だけではなく、腸も指令を出しているのです。
腸管の蠕動運動(ぜんどううんどう)が、人の欲の源になっており、生命の生きる意欲(心)を作り出しています。

心は脳にあるのではなく、腸にあるのです。
脳は、心を外に出す窓口に過ぎません。

脳と、腸の神経細胞と、腸管の内臓平滑筋と腸粘膜上皮細胞は、ミトコンドリアがもっとも活発に働いている細胞です。

ミトコンドリアはエネルギー物質を作っていますが、寒冷刺激に大変弱いのです。
ですので、冷たいものを食べたり飲んだりすることは、ミトコンドリアの働きを弱めて、不健康あるいはアレルギーを含め、病気を引き起こすことになります。


「究極の免疫力」西原克成著、講談社インターナショナル

「究極の免疫力」西原克成著一覧

口呼吸がアレルギーの元-鼻呼吸

口で呼吸が出来るのは、哺乳類では人間だけです。 言葉をしゃべることを始めたため、...

口呼吸がアレルギーの元-鼻呼吸の続きを読む>

ミトコンドリアが活性化するような生き方

人の身体は多くの器官によって構成されています。 すべての器官・臓器は相互に関係を...

ミトコンドリアが活性化するような生き方の続きを読む>

アレルギーなど免疫病の本当の原因

アレルギーなどの免疫病の原因は、身体に作用するエネルギーの不適と、細胞内のミトコ...

アレルギーなど免疫病の本当の原因の続きを読む>

冷たいものの飲食がアレルギー、病気の元

脳と腸は、一体となって働いています。 腸の平滑筋肉運動は、内臓脳(古皮質・旧皮質...

冷たいものの飲食がアレルギー、病気の元の続きを読む>

アレルギー、病気を治すには

医学博士で免疫病に詳しい西原克成先生の持論は、 口呼吸をしてはいけない.(鼻呼吸...

アレルギー、病気を治すにはの続きを読む>

アレルギーなど病気を治す第一歩は体を温めること

健康を保ち、病気を治す条件の一つとして、冷たい食品を食べたり飲んだりしないことが...

アレルギーなど病気を治す第一歩は体を温めることの続きを読む>

離乳食を早く始めると、アレルギーになる

離乳食を早い時期に始めるようになったのは、一時大流行したスポック博士式育児法の影...

離乳食を早く始めると、アレルギーになるの続きを読む>

 |  トップページ  | 


おすすめリンク