Top >  アレルギーに効く食事と手当て

アレルギーに効く食事と手当て

アレルギー・喘息には少食主義

アレルギーや喘息を治すのに、断食が有効ではありますが、では、断食でアレルギーが改善したからといって、元の食事に戻れば、またアレルギー・喘息が出てきます。

アレルギー・喘息に戻らないためには、少食主義にする必要があります。

少食主義とは、単に食事の量を少なくするのではありません。

やはり、体に良いものを選びます。

お菓子やジャンクフードなど、精白糖や食品添加物を大量に含んだ食べ物や、化学肥料・農薬をたっぷり使った野菜・穀物は避けるべきです。(すべての食品を、無化学肥料・無農薬にするのはほとんど無理なことでしょう)

炭酸飲料や、カロリーメイト・ウィダーインゼリーのような食事代わりと宣伝しているスナックも止めるべきでしょう。

簡単に言うと、工場で作った食品は避けたほうが良いということです。


コーヒー、紅茶、お酒などの嗜好品もほどほどにします。

食事内容は、野菜、根菜、雑穀、豆類を主にし、時々魚(小魚を丸ごと)、もっと時々に肉、とし、牛乳、乳製品は食べなくて良いです。(肉は食べなくていいです)

大体、アレルギー・喘息には、動物性食品(肉、魚、牛乳、乳製品)はあまりオススメではありません。

また、私たちが頂くものは、それぞれに命があるものですから、一粒の米、一枚の野菜の葉も無駄にせずに、感謝して頂くという姿勢が肝心です。


野菜、根菜類を食べていれば大丈夫というわけではありません。

体に良いからといって、ゴマをたくさん食べて、アレルギー症状が再発したケースもあります。

腸の中で異常発酵して、腸の粘膜を傷付けたのではないでしょうか。

小豆はビタミンB1や食物繊維を多く含む健康食品ですが、食べ過ぎるとこれもアレルギー症状をひどくします。

また、ケーキや菓子類を食べて、炎症が悪化したケースは、精白糖のとりすぎと思われます。

精白糖がアレルギー・喘息の原因とは考えられていませんが、精白糖が腸内で異常発酵したのでしょう。

少食主義は、食べ物の質が重要ですが、その量も重要であることがわかります。

アトピー性皮膚炎の手当て

アトピー性皮膚炎のかゆみや発疹は、内臓にたまった毒素が原因です。

この毒素をためるのは、体が酸性体質であるためであり、これを改善していかないと、アトピー・アレルギーの根本治療にはつながりません。

また、異種タンパクである動物性タンパク質が体に合わないこともアトピーの大きな原因なので、食べもので治していくしか方法はありません。

アトピー・アレルギー治療に良く使われるステロイド剤は、肝臓障害などの副作用も出ることもありますので、なるべく使わないようにします。

アトピーの症状には、次の3種類があります。同じ人でも同時に複数の症状が出ることがありますが、これは、その表皮がつくられたときに食べたものが関係しているからです。


①患部がカサカサしてかゆいとき

肉、卵、魚の食べすぎが原因です。

背中やからだの右側に症状が出ることが多く、かくと粉をふいたようになって皮膚が割れてきます。

・果汁や野菜ジュース、ドクダミの煎じ汁などを飲みます。

食事は陰性のものを多めに。あっさりした果物や夏野菜などもおすすめです。

・患部にしょうが油ドクダミ・ヨモギの煎じ汁を塗ります。


②患部がジクジクしてかゆいとき

砂糖と魚、この両方の食べすぎが原因です。ひざの裏、腕の内側、わきなど皮膚の柔らかいところに膿(うみ)が出て、それが乾くと黄色くなります。

大根おろし汁入り玄米スープ、やシイタケのスープを飲みます。

食事は陽性食に。塩けのきいたものがいいでしょう。


・表皮が水っぽいので、栗や松葉を濃く煮出した汁<>で締めてやります。

ヨモギの煎じ汁もおすすめです。


③赤い発疹が出るとき

大豆や卵、肉、牛乳がアレルゲン(アレルギーの原因物質)です。

掻いても化膿しませんが、乾くと赤黒くなり、最後には白くなります。


大根おろし汁入り玄米スープシイタケスープを飲みます。

食事は中庸食(陰性にも陽性にも偏らない、中庸の食事)にします。

栗や松葉の煮汁を薄めてぬります。

大根干葉湯、しょうが湯も効果的です。大根やきゅうりの輪切りで患部をふいてもいいで

しょう。

アトピー・アレルギーの手当ては、西洋医学の薬と異なり、効くまでに時間がかかることがあります。
短期間で止めないで、長く続けてみてください。

「からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て」(ソレイユ出版)より引用改変

アレルギーに効く手当て法

● どくだみの煎じ汁のつくり方&用い方

ホーロー鍋か、土鍋にどくだみの乾燥した葉と、かぶるぐらいの水を入れ、中火で20~30分煎じます。
お茶として飲んだり、ローションや入浴剤にも。


● しょうが油の作り方と手当て法

ショウガをおろして絞り汁をつくり、同量のゴマ油を指で少しずつ混ぜながらよくあわせて、患部にすりこみます。


● ヨモギの煎じ汁の作り方と手当て法

ホーロー鍋や土鍋に適当な大きさに切ったヨモギの生葉(または陰干ししたもの)と、それにかぶるぐらいの水を入れて、中火で30~40分間煎じます。

ローションのように塗ったり患部を洗ったり、またはお風呂に加えます。

※量の目安は、生葉なら10gに対して、水を200mlです。


● 大根おろし汁入り玄米スープ

むりなくおだやかに作用して、熟を下げます。
アレルギー体質で赤い発疹が出る人は、お茶がわりに飲んでください。

・材料(1回分)

 玄米クリーム----小さじ1
 大根おろし汁----大さじ1
 水(または湯)--1カップ
 自然塩----------微量

・つくり方&飲み方

鍋に水と玄米クリームを入れてよく混ぜあわせます。
大根おろし汁と、箸の先につけた塩も加えてから火にかけ、沸騰直前に火を止めて温かいうちに飲みます。


● シイタケのスープ

・材料(1~2回分)

 干しシイタケ----中サイズを4~5個
 水--------------3カップ
 しょうゆ--------適量

・つくり方&飲み方

鍋にシイタケと水を入れて火にかけ、中火で20~30分煮ます。
スープの量が2/3~1/2の量になったら、おいしいと感じる程度にしょうゆを足します。
症状がひどいとさは400mlを、それ以外は200mlを飲みます。


● 松または栗の葉の煎じ汁

湿疹には松、栗、桃の順によく効きます。

松の葉の煎じ汁はジクジクの激しい湿疹や腹部の湿疹など、陰性度の強い症状に。

栗の葉の煎じ汁は湿疹にはそのまま使い、アトピーには薄めて用います。

葉の採取の時季は、栗は若葉のあとの青い葉を、松葉は一年中OKです。

・材料の目安
 松または栗の生葉(乾燥葉でもOK)---ひとつかみ
 水 ---------------------------------1リットル

・つくり方&用い方

洗った葉をあらく切り、バサッとかぶるぐらいの水と一緒にホ-ロー鍋か土鍋に入れて、約30~40分煎じます。
水の量が2/3ぐらいになったら汁をこし、この湯で患部を洗います。


● 大根干葉の湯

・腰湯の材料
 大根干葉-----4~5株
 (または市販のパック1袋)
 水-----------約5リットル
 湯-----------10~30リットル
 (自然塩)----1/2カップ

・手当て法
 
大鍋に干葉と水を入れて約40分間煮出し、たらいにエキスを移します。
少々熟いと感じる程度に差し湯をします(湯冷めしやすい人は塩を加えます)。
足はたらいから出して、腰だけつかります。
湯の温度が冷めたら熱湯を足し、額に汗をかく程度で、20~30分間、続けます。

・入浴剤の材料&手当て法

もめんの袋に大根干葉数株を詰めて口をしぼり、水から入れてお風呂を沸かします。


● ショウガの足湯

・材料と手当て法

洗面器などにがまんできるくらいの熟めの湯(45℃前後)を入れ、ショウガおろし(または粉末)を湯量の1/50ほど加えます。

足をつけ、湯の温度が下がらないようにときどき差し湯をします。

約15分ほど、うっすら汗が出るぐらいまで続け、最後にタオルで足をふきます。

寝る直前にすると効果的です。


「からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て」(ソレイユ出版)より引用改変

せき、たん、気管支炎、喘息に効く、レンコン

●せき、たん、のどの痛み、気管支炎、ぜんそくに

・レンコン湯

・材料(1回分)

 レンコンのおろし汁  ・・・大さじ3 (とくに節の部分がよい)
 ショウガ汁       ・・・2、3滴
 自然塩         ・・・少々
 水            ・・・大さじ6~9

・つくり方&飲み方

 鍋に分量の水を入れて火にかけ、皮つきレンコンのすりおろし汁と塩、ショウガ汁を加えてサッと煮立てます。
沸騰する直前に火からおろし、温かいうちに飲みます。

1日2~3回。

※ぜんそくのせきどめに用いる人は、期間中、甘いものや果物を一切とらないことがポイントです。


●高熱をともなう激しい呼吸器系の症状に

・生蓮汁

ショウガとレンコンのもつ相乗作用が、激しい発作をしずめます。

・材料(1回分)

 レンコンのおろし汁 ・・・大さじ3(とくに節の部分がよい)
 ショウガ汁      ・・・小さじ1
 自然塩        ・・・微量

・つくり方&飲み方

皮つきレンコンとショウガはそれぞれすりおろし、絞ります。

これを湯飲みに合わせてから箸の先にチョンと付くぐらいの塩を加えて飲みます。

1日2~3回を目安に。

※鼻血止めの場合は、塩を加えたレンコンおろし汁を脱脂綿にひたして鼻の穴に詰めるか、その汁を100ml程度飲みます。


●肺や気管支のゆるみをおだやかに締めて、のどの痛みやせきを改善

・ひじきレンコン

胃腸病、貧血予防にもなります。

・材料

 ひじき   ・・・50g
 レンコン  ・・・150g
 ごま油   ・・・大さじ1
 しょうゆ  ・・・大さじ3~4

・つくり方

ひじきは洗って3センチの長さに、レンコンは薄いイチョウ切りに。
鍋にごま油を熟してレンコン、ひじきの順に妙め、かぶるぐらいの水を加えて中火で煮ます。
ひじきがよく煮えたらしょうゆ味をつけ、煮汁がなくなるまで煮含めます。


●呼吸器系の不調の改善に

・レンコンのきんぴら

・材料とつくり方

薄いイチョウに切ったレンコン200gをごま油で十分に炒め、水を少々加えてレンコンが透き通ってきたらしょうゆ大さじ1~2を回し入れて全体にからめます。

「からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て」(ソレイユ出版)より引用改変

アレルギーに効く食事と手当て一覧

アレルギー・喘息には少食主義

アレルギーや喘息を治すのに、断食が有効ではありますが、では、断食でアレルギーが改...

アレルギー・喘息には少食主義の続きを読む>

アトピー性皮膚炎の手当て

アトピー性皮膚炎のかゆみや発疹は、内臓にたまった毒素が原因です。 この毒素をため...

アトピー性皮膚炎の手当ての続きを読む>

アレルギーに効く手当て法

● どくだみの煎じ汁のつくり方&用い方 ホーロー鍋か、土鍋にどくだみの乾燥した葉...

アレルギーに効く手当て法の続きを読む>

せき、たん、気管支炎、喘息に効く、レンコン

●せき、たん、のどの痛み、気管支炎、ぜんそくに ・レンコン湯 ・材料(1回分) ...

せき、たん、気管支炎、喘息に効く、レンコンの続きを読む>

< 前のカテゴリ「アレルギーという病気」へ  |  トップページ  |  次のカテゴリ「アレルギーに関わる免疫とは」へ >