Top >  アレルギーを進化医学でみると

アレルギーを進化医学でみると

進化医学からみたアレルギー

「抗体」を産生する免疫細胞のB細胞は5種類の抗体を産生します。

その一つがIgE抗体ですが、IgE抗体は肥満細胞の表面に付き、アレルギー反応を

媒介します。

アレルゲン(アレルギーの原因物質)がやってきてIgE抗体に結合すると、肥満細胞

は約8分間の間少なくとも10種類の化学物質を放出します。

その中に平滑筋を刺激するものがあり、これが喘息のもとになります。

その中の一つであるヒスタミンは、かゆみを起こしたり、粘膜の浸透性を増加させた

りするので不愉快になります。

これは抗ヒスタミン剤で止めることが出来ます。

このIgE抗体がいったい何のためにあるのか、実はっきりしていません。

進化を踏まえて病気等を考える「進化医学」では、この症状を補って余りある利益が

あるのではないかと考えています。

有力な説明は、寄生虫と戦うためのものというものです。

寄生虫にかかるとIgE抗体の産生が高まり、炎症がおこります。

生物学者のマージー・プロフェットが考えた理論はこうです。

植物は、動物や寄生虫や昆虫などから身を守るために毒を持っています。この毒に

対し、ヒトは何層かの防御を持っています。

これらの防御がすべて失敗したときの最後の手段だとしています。

涙は毒が目から流れ出る。くしゃみ・咳は毒が呼吸器から出る。嘔吐、下痢も外に

出す。

これらのアレルギー反応は迅速で、毒が害を及ぼすスピードに対応していることは、

この理論に説得力を与えています。

また、何故、人によりアレルギー物質が異なるのか。

例えば、エビアレルギーはエビが食べるプランクトンが持っている毒を解毒できない

からではないか、とマージー・プロフェットは考えています。

アレルギーを進化医学でみると一覧

進化医学からみたアレルギー

「抗体」を産生する免疫細胞のB細胞は5種類の抗体を産生します。 その一つがIgE...

進化医学からみたアレルギーの続きを読む>

< 前のカテゴリ「アレルギーを治す食事療法(実践記録)」へ  |  トップページ  |  次のカテゴリ「アレルギー・喘息治療の民間療法」へ >