Top >  アレルギーを治すアロマセラピー

アレルギーを治すアロマセラピー

アレルギーを治すアロマセラピー その3

精油のその他の使用法
A.お風呂
1種類またはブレンドした精油を5~10滴をお湯に落として混ぜ、15分程度、湯船につかる。
B.足湯
湯を入れた容器に、1種類またはブレンドした精油を5滴落とし、両足を15分程度つける。
C.マッサージ
1リットルの基材精油に、1種類またはブレンドした精油を19~20滴を混ぜてマッサージに使用する。適切な配合は、チャノキ油とローズマリー油を8滴ずつとシナモン油を3滴をブレンドしたものです。

○禁止事項
アレルギーの原因植物の精油は使用しない。
・柑橘類の精油は直射日光に反応するので、直射日光に当てない。
・薄めていない精油は、肌に直接に塗らない。ただし、ラベンダー油とチャノキ油は例外です。
・精油は、ある種の治療薬に反応するかもしれないので、注意を怠らないこと。
・精油は、目に入れないこと。
・てんかんの人は、スィートフェンネル油を使用しないこと。
・高血圧の人は、ローズマリー油とセージ油とタイム油を使用しないこと。
・薄めていない精油は口に入れない。
・精油が電球に付くと、爆発することがある。
・飲酒の数時間前あるいは数時間後に、オニサルビア油は使用しないこと。

アロマセラピーは、アレルギー症状を緩和、抑制する補助治療法として考えるべきです。

「アレルギーからあなたを守る7つの方法」シルヴィア・ゴールドファーブ著ネコ・パブリッシングより引用改変

アレルギーを治すアロマセラピー その3

精油のその他の使用法
A.お風呂
1種類またはブレンドした精油を5~10滴をお湯に落として混ぜ、15分程度、湯船につかる。
B.足湯
湯を入れた容器に、1種類またはブレンドした精油を5滴落とし、両足を15分程度つける。
C.マッサージ
1リットルの基材精油に、1種類またはブレンドした精油を19~20滴を混ぜてマッサージに使用する。適切な配合は、チャノキ油とローズマリー油を8滴ずつとシナモン油を3滴をブレンドしたものです。

○禁止事項
・アレルギーの原因となる植物の精油は使用しない。
・柑橘類の精油は直射日光に反応するので、直射日光に当てない。
・薄めていない精油は、肌に直接に塗らない。ただし、ラベンダー油とチャノキ油は例外です。
・精油は、ある種の治療薬に反応するかもしれないので、注意を怠らないこと。
・精油は、目に入れないこと。
・てんかんの人は、スィートフェンネル油を使用しないこと。
・高血圧の人は、ローズマリー油とセージ油とタイム油を使用しないこと。
・薄めていない精油は口に入れない。
・精油が電球に付くと、爆発することがある。
・飲酒の数時間前あるいは数時間後に、オニサルビア油は使用しないこと。

アロマセラピーは、アレルギー症状を緩和、抑制する補助治療法として考えるべきです。

「アレルギーからあなたを守る7つの方法」シルヴィア・ゴールドファーブ著ネコ・パブリッシングより引用改変

アレルギーを治すアロマセラピー その2

・皮膚アレルギーの治し方
カモミール油、メリッサ油、チャノキ油、ラベンダー油を使用。患部に1日2~3回、精油を薄く塗る。ただし、使用する前に、パッチテストをすること。パッチテストの方法は、手首の内側に精油をつけて包帯をまき、1時間後に発赤など異常がなければOKです。

・喘息の治し方
ティッシュに以下の精油のうち1種類を2滴を落とすか、または2~3種類を1滴ずつを落とし、封が出来るビニール袋に入れ、ときどき気化成分を吸入する。
ベンゾイン油、ラベンダー油、カモミール油、メリッサ油、オニサルビア油、バラ油、イトスギ油、ビャクダン油、乳香油、スィートマージョラム油、ヤナギハッカ油、セイヨウカノコソウ油。

・花粉症の治し方
カモミール油とレモン油をティッシュに1滴ずつ落とし、気化成分を吸入する。それに、ペパーミント油、チョウジ油、ローズマリー油、ラベンダー油のうちどれかを1滴加える。

・免疫力を高める方法
1リットルの基材精油に50滴のチャノキ油を加え、1日1回、手のひらと足の裏にすり込む。

「アレルギーからあなたを守る7つの方法」シルヴィア・ゴールドファーブ著ネコ・パブリッシングより引用改変

アレルギーを治すアロマセラピー

アロマセラピーは、植物の精油を使った代替治療の一つであり、古くから利用されてきました。
精油は植物の花や葉、果実、枝、種子、樹皮などから抽出されたもので、からだの働きのバランスをとり、いくつかの病気を軽くする手助けをします。

民間療法ですが、科学的に裏づけされたものもあります。
チャノキの精油はバクテリアを殺し、チョウジの精油が結核のウィルスを殺し、ナツメグの精油が最大血圧を下げるという報告があります。
精油はからだの免疫系を刺激して、健康的にする作用があるようです。
アロマセラピーは、化学的・心理的な反応を引き起こし、人の気分と行動に影響を与えます。

●アロマセラピーの吸入方法
1.ボールに湯を入れ、2~3滴の精油を落とし、暖房のそばに置く。
2.芳香器を使用する。
3.お風呂に数滴落とす。(アロマバス)
4.ティッシュやハンカチに数滴落とし、チャック付きビニール袋に入れて持ち歩き、時々嗅ぐ。
5キャリアオイルで精油を薄め、マッサージに利用する。アロママッサージ。キャリアオイルとは、植物油のことでアロママッサージには、アーモンドやぶどうの種子、アプリコットの種などから搾油しtもので、直接肌に付けても大丈夫なものです。

アレルギーを治すアロマセラピー一覧

アレルギーを治すアロマセラピー その3

・精油のその他の使用法 A.お風呂 1種類またはブレンドした精油を5~10滴をお...

アレルギーを治すアロマセラピー その3の続きを読む>

アレルギーを治すアロマセラピー その3

・精油のその他の使用法 A.お風呂 1種類またはブレンドした精油を5~10滴をお...

アレルギーを治すアロマセラピー その3の続きを読む>

アレルギーを治すアロマセラピー その2

・皮膚アレルギーの治し方 カモミール油、メリッサ油、チャノキ油、ラベンダー油を使...

アレルギーを治すアロマセラピー その2の続きを読む>

アレルギーを治すアロマセラピー

アロマセラピーは、植物の精油を使った代替治療の一つであり、古くから利用されてきま...

アレルギーを治すアロマセラピーの続きを読む>

< 前のカテゴリ「アレルギーの治療」へ  |  トップページ  |  次のカテゴリ「アレルギーを治すイメージ療法」へ >


おすすめリンク