Top >  アレルギーを治すホメオパシー

アレルギーを治すホメオパシー

ホメオパシーとは

ホメオパシーは、水またはアルコールで活性成分をよく振って薄め、さらにまた薄めるという操作を繰り返して治療薬を作ります。薬効成分がないくらいにまで薄めるのですが、それでも効果が出るので不思議です。
ホメオパシーは、ドイツの医師ハーネマンが18世紀に開発した治療法です。キッカケはマラリアの治療でした。マラリアの治療薬であるキニーネを飲むと、マラリアとそっくりの悪寒と発熱が出るのです。そして、治療薬の活性成分を水またはアルコールで薄めて振り、そしてまた薄めるという作業を30回ほど繰り返して治療薬を作りました。活性成分の分子が残らないほど薄くなっているはずですが、効果があることがわかっています。振るプロセスでもとの活性成分の効果を分離し、電気化学の基本形を作っているというのがホメオパシー信者の仮説です。
ホメオパシーの利点は、副作用がない、利用しやすい、さまざまな病気に作用する、現代医学に比べて費用がわずか、などです。残念ながら日本では認知度も治療家も少ないのが現状です。
ホメオパシーの薬剤の素材は2000種以上で、野菜、動物性のもの、鉱物などがある。ただし、ホメオパシー治療医の診断を受けなければなりません。

アレルギーを治すホメオパシー一覧

ホメオパシーとは

ホメオパシーは、水またはアルコールで活性成分をよく振って薄め、さらにまた薄めると...

ホメオパシーとはの続きを読む>

< 前のカテゴリ「アレルギーを治すイメージ療法」へ  |  トップページ  |  次のカテゴリ「アレルギーを治す食事療法(実践記録)」へ >